急性腰痛(ぎっくり腰)の時にやってはいけないこと、やったほうがいいこと

ここでは、腰痛=腰の痛みが激しい時期についてお伝えします。

  • じっとしていても、腰がズキズキ痛む(自発痛)
  • つかまらないと、腰の痛みで歩けない
  • 布団やベットから起き上がるにも手助けが必要
  • 寝返りを行うにも一苦労、など

腰の激痛で、行うべきこと・行ってはいけない事

腰痛の急性期とは、いわゆるギックリ腰など「急に痛くなった腰痛」を示します。

この時にやってはいけないのは

  • 痛みやシビレを感じているところを揉む
  • 温泉などで温める
  • 痛みを我慢してストレッチをする

良かれと思って、皆さん行いますが「揉む」・「温める」・「ムリに動かす」のいずれかを行うと痛みが長引きます。

腰の痛みが、激しいときに行うべきこと

  • 無理をしない、痛みを感じる動作をなるべく避ける
  • コルセットを使い、腰を固定し、こしをサポートする。
  • 安静にして、動けるようになったら病院で診察してもらう。 

腰痛 急性期では、ズキズキと痛むのが特徴なので、腰に強い炎症が起きて腰痛を引き起こしていると考えられます。なので、腰を冷やします。腰痛の急性期では湿布よりもアイシングが効果的です。

自宅ではアイシング・外出時は湿布とコルセットが、急性期の腰痛の対処法としてはベストだと思います。

ご参考になれば幸いです。症状が落ち着いて、日常生活はひとまず行えるようになったら、根本改善のために鍼灸整体を行っていただくことをお勧め致します。

 

瀬谷のこぼり鍼灸・整体院【横浜市瀬谷区】

予約はお電話とフォームで受付ております。お電話の場合は「ホームページを見て…」と、お電話いただけるとスムーズです。

  • 住所:〒246-0014 神奈川県横浜市瀬谷区中央16−21[→地図はこちら]
    相鉄線「瀬谷駅」北口 徒歩3分 駐車場2台完備
  • お電話:045-306-2312 ※受付は営業時間内に|フォーム受付:こちら
  • 営業時間:平日:9:00〜20:00|土日祝日・第1/第3日曜:9:00〜18:30
  • 定休日:水曜・第2第4日曜

当院までの地図/行き方

電話でのご予約は

「HPを見て」とお伝え下さい
TEL : 045-306-2312
受付時間 : 平日:9:00〜20:00
土日祝日・第1/第3日曜:9:00〜18:30
(水曜・第2第4日曜 休診)
→ お問合せ・ご予約はこちら

腰痛口コミサイトが評価腰痛クチコミバンク人気施術院 横浜瀬谷区で、唯一当院が選ばれ、推薦されました。
お客様の声・体験談
初めての方へ、院選びでお悩みの方へ
保険内治療と自由診療メリットデメリットは?
当院の施術内容・費用

スタッフ・院長です

こぼり治療室スタッフ一同

横浜市瀬谷区でかれこれ15年70000名の方を診させていただきました。みなさんが少しでも快適な日々を過ごせるようにスタッフ一丸となって日々研鑽しております。
→ スタッフ紹介はこちら

当院への地図

※画像クリックで拡大
神奈川県横浜市瀬谷区中央16-21(相鉄線瀬谷駅北口徒歩3分)
TEL:045-306-2312(9時〜19時 水曜休診)

PAGETOP