寝違え、寝違い 自分で行う治し方。横浜のはり・整体

寝違えた時のセルフケア

トップページ > 寝違え > ケア

寝違えの治し方、自分で出来ること

首が動かない時「3つ」の対処法


1:首や背中など、痛むところを・冷やす。

出来れば氷でのアイシングがベスト、冷シップでも可。温めずに冷やす


2:痛みを感じる方向へ、首を動かさない様に気をつける

ついドウかな?治ったかな?

痛い動きを確認する動作は、「寝違え=首の捻挫」に負担がかかり、症状を悪化させるのでNG


3:痛みの感じる所を、強く触らない

痛む所を、刺激(揉む・温める)と悪化するので安静が必要。



寝違えセルフケアの3つのポイント

温めない・動かさない・揉まない

寝違え・寝違いであれば、ムリに動かしたりせずに、安静を心がけ痛むところをアイシングすれば、長くても1週間もすれば首の痛みは軽減・回復するはずです。


自分で、対処法を行う際に重要なこと

セルフケアを行う事で、改善する可能性のある首・背中の痛みかどうか?

アイシングを行った前後で、首が痛く無く動く範囲が増え、動きやすくなっているか確認


痛みが軽減しない・範囲が広がる時は専門家に相談を

自分で治す方法は、刺激量が難しいので やりすぎに注意

経過を見ていても、首の痛みが軽減しない・首の痛みの強さが増す・範囲が広がり、首だけでなく、肩や腕まで痛む症状は、寝違えに似た症状を表す、他の病気も考えられます。

頚椎ヘルニア・頚椎症ナドの病気も考えられますので、専門家の診察をおすすめします。



整体・鍼灸で行う 寝違え・寝違い治療

首の痛みが改善した喜びの声

予約については、こちらをクリック

ページトップへ