こんにちは、明石です。

今年ももう4月なんですよね。
なんだか新年明けてからあっという間でした(笑)

これから環境が変わることによって
新しい所に慣れるまでのストレスや身体的負担によって
今まで気にしていたけど治療するほどではないと感じている症状も
日常生活に支障が出るくらいになりやすくなっています。

今回はそういう慢性的な症状が酷くなったパターンの
患者さんの治癒経過について紹介していきます。

紹介するのは60代女性で主婦のNさんです。

症状は5~6年前からたまに気になっていた腰痛が
1週間の庭の木の剪定(せんてい)後から痛みが増してしまい
前かがみになったり立ち続けるのが辛くなったということでした。

当院で詳しく検査した結果、

根本原因について特定し、

改善までの治療の計画ができました。

根本原因から完全に改善までには4ヶ月、
症状が改善し始めるまでには1ヶ月かかり、
初めの2ヵ月は週に2回、残りは週に1回で
鍼治療と骨盤調整を組み合わせた治療をするのが
最善の計画だとご説明して
同意を得てから治療をスタートしました。

今回は痛みが増してからすぐに来ていただいているので
改善も予定通り進んでいき
1ヶ月後には痛みは半分
2ヶ月後には10分の1にまで軽減していきました。

残りの2ヶ月で根本原因もスムーズに改善でき
無事計画通り治療を終了することが出来ました。

Nさんも来た時とは違い痛みもなく
姿勢がキレイになったと喜んでいました。

このように慢性的な痛みが急に辛くなった場合でも
すぐに見せてもらえれば
根本からの改善までの期間は
比較的短く済むので
皆さんもつらいと感じたら
我慢せずなるべく早くご相談ください。