今期エンゼルスに移籍した、大谷投手の活躍楽しみですね

 

先日テレビを見ていたら

ランナーで出塁すると、右手を守る特殊な手袋しているのを見ました。

 

スポーツには、突き指・クロスプレーなどで起こる外傷(けが)

スポーツ外傷と

 

繰り返し使うことで負担がたまる、野球肩・野球肘などの

スポーツ障害があります。

 

大谷投手の手袋は、ケガを要望するための用具ですね。

 

大会買い物をした選手に、出来る限りリスクを減らす

大リーグらしい考えですね。

 

テレビで見て ヘ~ と驚いていたら

なんとその日に、野球でピッチャーをしている息子が、右手の親指を痛めて

帰ってきました。

 

投手にとって、右の親指のけがは大きな問題となります。

 

投球に支障があるのはもちろんですが、指をかばいフォーム崩れ

他の部分に過度の負担がかかり、ケガを引き起こす

 

この場合のけがは、外傷(ぶつかる・捻じる)や、スポーツ障害(使いすぎ)でなく

フォームの崩れからくる、故障ですね。

 

これはできる限り防ぎたいものなので、少しのけがや違和感でも

登板を回避するのは、ケガをこじらせ悪化させないためだけでなく

2次的に引き起こされるケガを予防するためでもあります。

 

ちなみに、息子は違和感程度なのと、まだ中学生なので体にかかる負担がそもそも少ないことと、両親が治療師なので必要な頻度で、体に変な歪みが出ていないか、チェックできるので心配ありません。

 

今回のけがでは、なぜ・いつ痛めたか本人は、分からないそうです

タッチをされたときか、スライディングで自分で引っ掛けたのか

振り返っても、ここだというときはないそうです。

 

テレビで見ていると、オープン戦にもかかわらず、大谷選手の内角に厳しい球も来ているが

怪我無く、一年頑張り活躍してくれることが楽しみですね。