坐骨神経痛の原因、横浜瀬谷区の整体・針治療

痛み・しびれの原因

トップページ > 原因

大きく分けて2つ|「筋肉・骨」と「それ以外」

1・筋肉の緊張・骨のユガミや変形が原因
 ヘルニア・梨状症候群・慢性腰痛を何度も繰り返す

2・内科疾患が原因
 糖尿病・動脈閉塞症・腫瘍



年齢別

  • 20〜50代に多い
    椎間板ヘルニアと梨状筋症候群。

  • 60代以上に多い
    脊柱管狭窄症

  • 年齢に関わらず多い
    繰り返すギックリ腰・慢性腰痛


自覚症状で見分ける、坐骨神経痛の原因

筋肉・ヘルニア・関節のゆがみ

体を動かす・同じ姿勢を続けると痛く、横になり安静だと痛くない


どこが(好発部位)症状が出やすい場所

○ヘルニア・腰のゆがみ
足に神経に沿って、お尻から足先まで痛む

○骨盤のゆがみ
足全体というよりは、ふくらはぎなど限局された場所



内臓・血管など内科疾患

痛み・痺れが、安静にしていても出る、体を動かすことで誘発されない



まとめ

坐骨神経痛には、骨や筋肉の問題が原因であれば、年齢により原因となりやすい疾患がある。

脊髄腫瘍など内科的疾患が原因の座骨神経痛もあり、整体・はり治療の治療対象とはなりません。

治療を受けているのに、ドンドン痛みが強くなる・体重が著しく減少している、そんな坐骨神経痛は、整形外科医による除外診断が必要です。

横浜瀬谷の当院で行う坐骨神経痛の鍼灸・整体治療はこちら


お電話の前に、クリックしてください。

ページトップへ