• HOME »
  • 生理痛・生理の痛みでお悩みなら

生理痛・生理の痛みでお悩みなら

2016-01-27-main_07「毎月薬を使い続けるのは不安…」
「薬は、なるべく減らしたい…」
── とお悩みではありませんか?
 
例えばこんな症状があれば当院がお役に立てるかもしれません

  • 痛みが不安で、痛くなる前から薬を飲んでいる
  • 友人に聞くと、自分の生理痛は、ひどい?
  • 生理の日は、出来れば家で休んでいたい
  • 月経中は、痛みどめを飲むのが当たり前になっているのが不安
  • 生理中は、腰が重い
  • おへその下に、重い痛みを感じて生理日の予想が出来る
  • 1年以内に、こどもを考えているので月経周期を整えたい
  • 生理の日も、いつもと同じく過ごしたい
  • 生理の日はいつもゆうつ
 
TOP-V4_47
TOP-V4_47

生理痛の原因について

275336生理痛はあんなにも苦しいのになかなか分かってもらえないものですよね。 「そんなものだ、人による」と言われて痛み止めをもらって終わりになってしまったりすると、がっかりしてしまいます。 痛みが軽い友人を見て羨ましくなったことがある方もきっと多いのではないでしょうか。 生理痛では、まず西洋医学的な原因(子宮内膜症・子宮筋腫・卵巣嚢腫)をチェックします。 西洋医学的な原因があるケースは、鍼灸ではどうにもならないので、まずは病院の婦人科で一度検査を受けることをお勧め致します。 しかし少なからず「病院では問題ない、こんなものだ」と言われてしまったけれどもつらい、なんとかできないだろうか…という方がいらっしゃいます。 こういう場合に、鍼灸整体が効果があるケースがあるんです

鍼灸整体が効果があるケースとは?

291399例えば

  • 病院に検査で特に以上が見つからなかった
  • 検査で何かしらの問題は見つかったが、すぐに何かをするレベルのものでもないので「経過観察]と言われた
  • 病院の検査で問題は合ったが、西洋医学ではどうしようもないケース

などは鍼灸整体が効果がある可能性があります。 どういうことかというと「骨盤内の血行が悪いために引き起こされる」生理痛があるからです。 経血がスムーズに出ないと出そうとするホルモンが多く出ますので、その分痛みが出るんです。 その他にも

  • 骨盤のゆがみが原因で腹部の引き攣れ
  • 自律神経の不調からくるお腹の冷え
  • 手術の傷跡(帝王切開・盲腸)による腹部の引き連れ

などにより悪化してしまうことがあります。 特に今はストレス社会ですので自律神経に寄る冷えも見逃せません。 しっかり骨盤内の血行を良くしてあげて、冷えも解消してあげると、生理痛が非常に和らぐことが多いんです。

どんな治療を行うの?注意点は?

2015-12-17_00-17-44基本的な流れは、他の部位の治療と同様で「問診」→「検査」→「施術」→「繰り返し」のながれです。 完全に不調が改善する人、軽減はするが残る人、変化は様々なので、きちんとチェックしながら進めないと効果が出ません。 また、みなさんのご協力も必要です。生活習慣などに依る部分も大きいので、

  • 冷えのケア、甘い物の取りすぎ、暴飲暴食、適度な運動
  • 最も気をつけたいのは「疲労」(難しいところだと思うのですが、仕事で、疲れ切っていると、治療の刺激よりも、疲労が上回り十分に血行が良くなりません)

はじめは、週1回で5~10回がめやすです。施術開始後3か月目には楽になったことを実感できる人も少なくありません。痛みが強い、長年苦しんでいる人は、3か月目ぐらいで痛みの強さ、期間に少し変化が見られ、6か月目ぐらいから自覚が変化するのを実感される方が多いです。

よく頂くご質問・お問合せ

Q.初めての施術は、生理痛が起きている時がいいの?いつ行けばいいの? A.初回は、生理中でない方がベストです。痛みがあると、体に緊張が起きるので、正確な判断が出来ない事があります。月経終了後から、月経開始予定日までの間にいらしてください。 Q.生理痛、男性に相談しても分からないのでは、また相談するのがはずかしい A,生理痛に関しては、初回の聞き取りから、通常の施術まで女性の鍼灸師が担当します。原因の特定が困難な時や、変化が乏しい時、メンテで下腹部の処置が必要ない時は予約状況に応じて男性が担当することがありますが、まとめ予約を、ご利用いただければ、そこも含めて全て女性が担当します。ご安心下さい。 Q.生理痛で、お腹の下どこまで見るの?おしりは? A.お腹は、おへその下3センチぐらい、おしりはローライズのズボンの高さぐらいまでです。おズボンを下げるときは、必ずどこまで下げるかお声かけをいたしますのでご安心ください。 Q.生理の時は、施術しない方がいいの?激痛でなければ、月経時におからだにどんな変化が出るのか A.お腹の緊張、腰の貼り、骨盤のゆがみなど確認しますので、いらしてください。 Q.痛みが強い時に、行った方がいいの? A.痛みが強い時は、外出もつらいですよね、また、体に力みがあると正確な所見が取れません。外出が困難なときの来院はお控えください。

お客様の声を一部ご紹介します

29歳会社員 女性

「生理が始まった当初は生理痛に悩まされることが無かったが社会人になった頃から次第に生理痛がひどくなってきた。一日目、二日目に特に下腹が痛む。」 月に4回の治療(週1回の間隔)で一日目、二日目の下腹痛が大幅に緩和されました。 現在、予防の為に生理1週間前に当院での鍼灸治療を受けられています。

25歳美容師 女性

「生理が始まる直前になると腰痛で立っているのもつらい。はじまると下腹の締め付けられるような痛みがあり、薬を服用しないと仕事にならない。」 週1回の治療間隔で4回治療をした後、生理直前の腰痛が消失。その後、1ヵ月後には薬を必要としなくなりました。仕事量によって症状に波があるので、現在は予防もかねて忙しい時期は自ら治療間隔を詰めて通院をされています。

32歳主婦 女性

「初経から生理痛に悩まされ生理期間中は下腹の痛みと頭痛の為必ず痛み止め薬を服用。普段から冷え症で生理時は足の冷えが更に強くなる。」 週1回の治療間隔で8回治療をした後、下腹痛が2割程軽減してきたと実感するも、痛み止めは手放せず。自宅の施灸と足浴マッサージを指導。開始3ヶ月後には痛み止めを飲まずに済むようになりました。現在も予防の為、自宅での施灸と生理1週間前の治療を続けられています。

28歳パート 女性

「数年前より生理開始直前に下腹部の激痛と吐き気で1時間程動けなくなるが開始とともに痛みが軽くなっていくので薬の服用はほとんどないとの事。しかし。かなりの冷え症で夏でも手足が冷え、冬には手足がしびれる程。」 週1回の治療間隔で8回治療した後、生理痛は軽いが直前の激痛に変化が無いとの事なので自宅の足浴マッサージと食事指導。開始1ヶ月後、直前の下腹の激痛が消失。現在も自宅での足浴マッサージをしながら月1度の定期的な治療を受けられています。

お悩みの方、ぜひご来院下さい

治療にかかられる場合は、女性スタッフが治療を行いますのでご予約の際は「生理痛」でかかる旨をお伝え下さい。 なかなか相談しづらい悩みかと思いますが、女性同士でリラックスしてご相談と施術をさせて頂ければと思います。 お悩みの方はぜひ一度ご来院下さい。

karada110-siteicon karada110-siteicon


top-nayami-icon_10top-v2_08top-nayami-icon_14

 

当院までの地図/行き方

電話でのご予約は

「HPを見て」とお伝え下さい
TEL : 045-306-2312
受付時間 : 平日:9:00〜20:00
土日祝日・第1/第3日曜:9:00〜18:30
(水曜・第2第4日曜 休診)
→ お問合せ・ご予約はこちら

腰痛口コミサイトが評価腰痛クチコミバンク人気施術院 横浜瀬谷区で、唯一当院が選ばれ、推薦されました。
お客様の声・体験談
初めての方へ、院選びでお悩みの方へ
保険内治療と自由診療メリットデメリットは?
当院の施術内容・費用

スタッフ・院長です

こぼり治療室スタッフ一同

横浜市瀬谷区でかれこれ15年70000名の方を診させていただきました。みなさんが少しでも快適な日々を過ごせるようにスタッフ一丸となって日々研鑽しております。
→ スタッフ紹介はこちら

当院への地図

※画像クリックで拡大
神奈川県横浜市瀬谷区中央16-21(相鉄線瀬谷駅北口徒歩3分)
TEL:045-306-2312(9時〜19時 水曜休診)

PAGETOP