• HOME »
  • 膝の痛み(膝の水など)でお悩みなら

膝の痛み(膝の水など)でお悩みなら

2016-01-27-main_07「膝の痛みがだんだん強くなり、生活にも支障が出てきた…」
「病院に行っても、痛み止めだけで…」

── とお悩みではありませんか?
 
例えばこんな症状があれば当院がお役に立てるかもしれません

  • 正座ができない日がある
  • 和式トイレで、しゃがめないので、旅行や外出でトイレが不安
  • 朝ひざが痛く、階段は一歩ずつ、捕まり降りる
  • 正座をすると、つかまらないと立ち上がるのに苦労する
  • 買い物で歩くと、疲れるより先に、痛く歩けなくなる
  • 自転車の上り坂で自転車をこぐ時、踏み込むと膝がずきっと来る
  • 椅子や電車などで同じ姿勢で長く座っていると、膝小僧が痛む
  • 椅子に座っていて、立ち上がると、膝が痛く足がスムーズに伸びない
  • 雨の前や低気圧が近づくとつらい

 

膝はよく体重や老化によるものだと言われがちですが、実は筋肉の緊張や血流が問題であることが多いです。

062339

  • もし変形が全ての原因なら、日によって膝痛が強くなったり弱くなったりしません。
    いつも同じように痛いはずです。
  • 例えば、80キロ・90歳・レントゲンで膝に変形ある人の全員が、膝が痛いわけでもありません。
  • 同じ年齢、同じ体重、同じ変形でも、膝がいたい人・膝に全く痛みのない人もいます。

 

こぼり治療室の、鍼灸と整体のコンビネーション治療で
痛みのない日常生活を取り戻す人が多数います

当院では鍼灸と整体を組み合わせた、皆様にあったオリジナルなkobo式整体で、痛み止めなどの対処療法ではない「根本治療」を行っています。

例えば膝でしたら

  • はり治療で、太ももの筋肉をゆるめ・血流を改善して炎症をおさめる
  • 腰や股関節に歪みが生じて神経(坐骨神経や大腿神経)を圧迫しているなら歪みを治す
  • 膝をかばったことで体に歪みが生じているなら歪みを治す

といった形で、変形している膝の周りのケアをしていきます。

つらい痛みに苦しんでいる方・整形外科で痛み止めをもらう日々が嫌になってきた方、ぜひお越しください。  

 
TOP-V4_18

改善されたお客様のよろこびの声はこちら

当院で膝の施術を行われた方からの喜びの声をいくつか掲載しています。ぜひご覧頂き、ご予約ご来院下さい。


 泉区 005「最初から来ればよかったです。針の治療で行きと帰りの痛みの差がはっきりわかります。

整形外科や接骨院でひざの痛みの治療を受けていましたがあまり改善しませんでした。

日に日に良くなってきたことが実感できました。いつもありがとうございます。

遠回りをしたことに後悔です、最初からここに来ればよかったと思いました。
(横浜市泉区 30代女性 膝関節症)


ヒザの腫れ「ヒザの痛み・腫れがなくなりました
※整形外科でヒザに電気治療を受けていましたが、膝の腫れが取れずに困り、針と整体の施術を行うと、サイトに書いてあり、全員国家資格を持っているとアッたのも選んだ決め手でした。

丁寧に治療して頂き、痛み・はれ共に楽になりました。ありがとうございます。

アンケートご協力ありがとうございます
変形性膝関節症で、腫れがご自身で見てもわかるぐらいで、痛みもあり大変でしたね。根気強く通院いただき、症状が軽減してよかったですね。
(横浜市旭区 50代女性 変形膝関節症)

 

 

TOP-V4_14

施術費用や対象部位・施術内容について

初回は、治療の前に、お体の状態の聞き取りと、歪みのチェックに、整体・鍼とは別に、15~20分の時間がかかります。治療の質を落とさないために、新規の患者さんは、1日2名までと限定させていただいています。

そのため、当日の予約は取りづらくなっております。必ず事前にお電話をいただいてからご来院ください。

対象部位
腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・狭窄症・股関節の痛み・膝痛・寝違え・四十肩・五十肩・ゴルフ肘、など

content-price_11→ 費用や施術の内容については詳しくはこちらから

膝の痛みについてもっと知りたい方へ

膝が痛む原因とは?

200726

膝が痛む原因は大きく2つあります。それは

  1. 膝が変形してしまっていて、炎症を起こして痛む
  2. 膝の周りや腰・股関節などが歪んでいて神経を圧迫していて痛む

です。

このどちらなのか、あるいは程度によって適切な治療法は違います。

自分はどちらが原因なの?どの程度の症状なの?

膝が変形してしまっているものは「末期」と呼ばれます。そこまでいっていない、あるいは変形の程度がそれほどでもないものは、大きく「初期」「中期」に別かれています。

末期:膝が完全に変形してしまっている場合・その症状

基本的には手術で膝の形を元に戻すしかありません。

なので整形外科の受診をお勧め致します「変形性膝関節症」や「半月板損傷」等と診断されることになります。

この状態になっていると、相当痛いはずです。例えば…

  • ジッとしていても膝が痛み、うずく・ズキズキする

  • 足の痛みで青信号のうちに横断歩道を渡りきれない

  • 何度も膝の水を抜いている、最近は頻繁に水がたまる

  • 脚を伸ばして座る事が出来ない(膝が完全に伸びない)

  • 正座ができなくなってから、何年も経つ

初期・中期の場合とその症状

282100例えば以下の様な状態です。

■中期の場合

  • 正座が出来ない日がある

  • 和式トイレはしゃがめないのでダメ

  • 朝膝が痛く、階段は一歩ずつつかまり降りる

  • 正座をすると、つかまらないと立ち上がるのに苦労する

  • 歩くと、疲れるより先に 痛く歩けなくなる

■初期の場合

  • 自転車の上り坂で、自転車をこぐ時、踏み込むと膝がズッキッとくる

  • 椅子や電車などで、同じ姿勢で長く座っていると、膝こぞうが痛む

  • 椅子に座っていて、立ち上がると、ヒザが痛く脚が伸びない

  • 雨の前や低気圧が近ずくとつらい

「初期」なら鍼灸が最適「中期」も時間はかかるが適応範囲

062339「末期」の場合
まずは整形外科をお勧めします。レントゲンを撮って変形の度合いを見て、ひどければ手術しかありません。

ただ、この「変形」は「初期」や「中期」でも見られます。なので末期だろうと初期だろうと、整形外科に行くと「変形性膝関節症」と診断され、対処治療か、根本的には手術だねと言われます。

しかし、末期以外であれば必ずしも手術が必要なわけではありません。

「初期」「中期」の場合
初期の膝の痛み症状は、整体・鍼治療がとても効果的です。中期になると変化は出るが時間がかかります。

末期では、まずは整形外科できっちり直してもらわなければなりません。化膿・腫瘍・壊死がある場合もそうです。

しかしそれ以外でしたら、鍼灸によって筋肉を緩めて血流を改善し、炎症を鎮めることで手術をしなくても問題ないケースが多いです。

末期のような症状ではない方は、鍼灸整体施術をお勧め致します。

手術をせずに鍼灸と整体で楽になれます

膝が実際に変形していても、中程度までであれば、関節のゆがみや筋肉の緊張を緩めると、痛みは軽減することが多いです。ぜひお越しくださいませ。

 

当院までの地図/行き方

電話でのご予約は

「HPを見て」とお伝え下さい
TEL : 045-306-2312
受付時間 : 平日:9:00〜20:00
土日祝日・第1/第3日曜:9:00〜18:30
(水曜・第2第4日曜 休診)
→ お問合せ・ご予約はこちら

腰痛口コミサイトが評価腰痛クチコミバンク人気施術院 横浜瀬谷区で、唯一当院が選ばれ、推薦されました。
お客様の声・体験談
初めての方へ、院選びでお悩みの方へ
保険内治療と自由診療メリットデメリットは?
当院の施術内容・費用

スタッフ・院長です

こぼり治療室スタッフ一同

横浜市瀬谷区でかれこれ15年70000名の方を診させていただきました。みなさんが少しでも快適な日々を過ごせるようにスタッフ一丸となって日々研鑽しております。
→ スタッフ紹介はこちら

当院への地図

※画像クリックで拡大
神奈川県横浜市瀬谷区中央16-21(相鉄線瀬谷駅北口徒歩3分)
TEL:045-306-2312(9時〜19時 水曜休診)

PAGETOP