• HOME »
  • 四十肩・五十肩・腕の痛みでお悩みなら

四十肩・五十肩・腕の痛みでお悩みなら

2016-01-27-main_07「肩や腕に痛みを感じる動作が増え、気になる…」
「このまま腕が上がらないのでは…」

── とお悩みではありませんか?
 
例えばこんな症状があれば当院がお役に立てるかもしれません

  • 以前は、変な感じの違和感だったが、今は痛い
  • エプロンを結ぶことが出来ない
  • ズボンの後ろポケットから、ハンカチを取りにくい
  • 横向きで寝ると、肩が痛く目が覚める
  • 腕を上げ続け、洗濯を干すのがつらい
  • 以前より、腕が上に上がりにくい
  • 痛みどめだけでなく、病院以外の方法も併用したい
  • 自分は何をしてはいけない、何をすればいいか知りたい
 
TOP-V4_47
TOP-V4_47

四十肩と五十肩とは?何が違うの?

090956四十肩と五十肩は何が違うのか…これは、よく聞かれることです。

ただ、これはもう文字のままで「40代に出れば、四十肩・50代に出れば五十肩」です。つまり根本的には変わらないということですね。

さて、四十肩・五十肩の正式病名は「肩関節周囲炎」です。肩の関節・鎖骨・肩甲骨・上腕骨(腕の骨)の周りに炎症が起きて痛みなどを起こしている状態です。

症状としては

  • 腕をねじったり上げ下げすると肩に痛みが起こる
  • 肩を動かすと痛い、あるいは何もしていなくても肩が痛い
  • 肩まわりがうまく動かせない、突っ張る

などがあります。

肩こりと違うのはこれが炎症だということです。肩こりは一般的には筋肉疲労です。

四十肩・五十肩の原因は?

運動不足?使いすぎ?

216012原因としては、加齢・使い過ぎ(肩の酷使)・運動不足などと言われていますが、西洋医学では原因がまだ特定できない、やっかいな疾患の一つです。

よく言われるのが「運動不足」あるいは逆に「使いすぎ」です。

これはその通りなんです。使い過ぎでなる人もいれば、運動不足でなる人もいます。

ただこれは相反するものですよね。程よく使いなさいと言われればそうなのですが、自分が「運動不足」なのか「使いすぎ」なのかは分からないものです。

例えるなら眼精疲労です。本人からしたら座ってモニター等を見ているだけで「運動不足」「使っていない」のに実際は「筋肉の使いすぎ」で固くなっているのが原因なわけです。

 

治りづらい理由は、原因が掴みづらいから

220_F_33666232_N88fWOj8SykuXgbqEY58Z0hgvGcOqen4自分が使い過ぎなのか使わなさすぎるのか(運動不足なのか)その判断が誤っていれば、行われる施術も的を得ないものになってしまいます。

  • 「使いすぎだから安静にしなさい」
  • 「使わなささすぎるから運動しなさい」

もし原因が逆だったら、悪化するばかりですよね。

また、肩だけの炎症の人もいれば、首や骨盤のゆがみにより肩や腕に負担がかかり四十肩・五十肩になっている人もいます。運動していないのに負荷がかかってしまっている、先ほどの眼精疲労と似ています。

これは整形外科で肩だけレントゲンを撮って調べても、痛みの原因が、肩に変形や石灰沈着が起きているなど明らかなものでない限り、判断できません。

このように「簡単に判別できるものではない」ということをまず知って頂ければと思います。

なので、こういった疾患整形外科よりきっちり問診と体のチェックを行う鍼灸整体院、kobo式が向いています

 

どのように治していくの?当院の特徴

1.綿密な聞き取りと、患部だけではない全体のチェック

002とにかく問診と検査を行って、あなたの本当の原因を調べることが第一です。

そのために当院では

  • どこ(好発部位)・どんな時(動作痛)・どれぐらいの強さで痛いかをしっかり聞き取ります
  • 聞き取りから予測される、筋肉の緊張・関節の歪みを実際の検査で確認
  • 施術を行いながらさらに詳しく体の変化や自覚症状の変化を確認していく>
  • 次回の来院時に前回からの変化をチェックし、その変化から原因を探る(ここで大きく分かります)
  • それに合わせた第二回目以降の施術

という流れを取っています。

2.病院に行ったほうが良いケースを分別しお伝え

220_F_12838826_U5zmeU2Yj0pwOFKA6YohhU220Uh1OBrj疾患には「レッドフラッグ」というものがあります。これは即手術や入院治療が必要な病気のことです。

代表的なものが「骨折」「腫瘍」「感染症」あるいは「癌」もここに入ります。

この場合は、どんなにみなさんが嫌でも病院に行かなければなりません。

私たちもあっけらかんと誰にでも施術をするのではなく、きちんとこの「レッドフラッグ」ではないかということをチェックして、みなさんにお伝えしなければなりません。

当院は全員国家資格取得後、院内でも徹底的に研修を行っています。

そのため、こういった重い状態をしっかり発見できます。とにかく数をこなそうとする医院ですと、深く考えず定型的な治療を繰り返して取り返しの付かないことになってしまうかもしれないです。

※全体の5%ほどがこういったケースです。決して少なくはないですよね。

3.「整形外科テスト法」という手法で細かくチェック

塚本検査_肩

病院でいえば精密検査にあたる独自の綿密なテストです。6割以上の方はこれで初回で原因の特定が行えます。

一度で原因が特定できる場合もあれば。原因の特定に、更に詳しいチェックが必要になることもあります。

 

4.実際の施術(初回)

2015-12-16_16-42-35初回は、原因と考えられる場所に、安全かつ効果が期待できるあなたに合わせた施術を行います

整形外科テスト法などで、詳しく調べてからの施術ですので、ピンポイントで必要なだけの刺激を与えるだけ、体に負担をかけない施術です。

具体的には

  • 鍼灸は、蚊に刺されるぐらいの刺激
  • 整体は、呼吸を用いての整体や、特殊な機械での整体で無痛

 です。

  • 原因を特定せずに、症状があるだろう、というところを力任せにギュッと押す
  • なぜゆがんでいるかを特定せずに、左右の見た目だけを整えるために強く捻る

ようなことは致しません。効果もありませんので。

 

4.1.特徴:施術は検査も兼ねています

健院長 首整体

鍼灸整体の施術は、つらさを取るということもさながら、検査の意味も兼ねているんです。

具体的には、施術の前後で体の変化・自覚症状の変化を確認し、

  • どこの何を変えるために、どのツボをどれぐらい刺激することで
  • どこの歪みが整い、どんな変化が出たか確認する

ことを行っているんです。それによって、みなさんの体についてより深く把握しましてピンポイントで効果のある治療を行っていくことができます。本当にみなさん十人十色というかバラバラなので、びっくりします。

 

4.2.次回の通院時期のご提案

健説明

治療の直後変化が、どの位持続するかを生活様式(仕事・家事・育児・睡眠・食事・運動)、年齢、基礎疾患(血圧・糖尿・大病の経験)を考えて、最も効果的な次回の通院間隔をご相談させていただきます。

 

 

 

 

5.2回め以降の施術

2015-12-16_16-45-21まず、前回の施術前と当日のチェックポイントの変化を確認します。

例えば

  • 肩だけの問題であれば、肩の動き
  • 首+肩の混合型であれば 首・肩の動き
  • 他に骨盤などに問題があれば、該当部位のチェック

などを入念に見ていき、今後の施術に活かしていきます。

最初に決めた方針を変えずに、何があっても計画通りに進めるのではありません(だって、ご不安ですよね)

ちんと毎回お体の変化を見ながら軌道修正していくので、ゴールに辿り着く速度が早いです。

なので、ご来院頂いた際に体の変化や最近の状況などを詳しく教えていただけると、とてもありがたいです。
ご遠慮無くおっしゃって下さいね。

 

※2回め以降の施術時間はケースバイケースです

service-nagare_13

2回目以降は、施術の時間に大きな差が出てきますので、ご注意下さい。

それは例えば 

  • 簡単に原因が見つかり、体・自覚症状とも順調に回復に向かっている → 施術をその方針で行えば良いので「10分前後」
  • 原因を特定しきれず、体を刺激しながらさらにチェックを続ける必要がある場合 → チェックをしながらの施術ですので時間がかかり「40分前後」

どのくらい時間がかかるかは実際に変化を見させて頂かないとわからないので、余裕を持って予約をとって頂ければ幸いです。

 

3分や15分のコース診療ではない、
個性に合わせた施術を行っています

118168人間というのはとても個体差があります。個性があります。

なので、同じ部分に原因があり同じ施術をしても年齢・基礎疾患・生活様式・運動習慣・脳に蓄積された痛みの記憶で、効果は大きく異なります

これらを詳しく分析して、パズルのピースを埋めていきます。

それがはまった時にまさに「快癒」していきます。

本当に直すことを考えるとどうしてもいわゆる「コース診療」では本当は対応できません。行う施術が毎回違うので施術時間もまちまちになってしまうからです。

当院はひとりひとりに合わせた施術で、みなさまの助けになれるように日々尽力しております。ぜひお困りの方はご来院ください。

一同お待ちしております。

karada110-siteicon karada110-siteicon


top-nayami-icon_10top-v2_08top-nayami-icon_14

 

当院までの地図/行き方

電話でのご予約は

「HPを見て」とお伝え下さい
TEL : 045-306-2312
受付時間 : 平日:9:00〜20:00
土日祝日・第1/第3日曜:9:00〜18:30
(水曜・第2第4日曜 休診)
→ お問合せ・ご予約はこちら

腰痛口コミサイトが評価腰痛クチコミバンク人気施術院 横浜瀬谷区で、唯一当院が選ばれ、推薦されました。
お客様の声・体験談
初めての方へ、院選びでお悩みの方へ
保険内治療と自由診療メリットデメリットは?
当院の施術内容・費用

スタッフ・院長です

こぼり治療室スタッフ一同

横浜市瀬谷区でかれこれ15年70000名の方を診させていただきました。みなさんが少しでも快適な日々を過ごせるようにスタッフ一丸となって日々研鑽しております。
→ スタッフ紹介はこちら

当院への地図

※画像クリックで拡大
神奈川県横浜市瀬谷区中央16-21(相鉄線瀬谷駅北口徒歩3分)
TEL:045-306-2312(9時〜19時 水曜休診)

PAGETOP